RoHS指令への取り組み

RoHS指令への取り組み

RoHS指令への取り組み

当社で取り扱っている製品は、欧州RoHS2指令のカテゴリー9「産業用監視及び制御機器」に該当し、2005年から鉛を含む規制6物質について含有基準に適合した製品を販売しています。
2015年6月に公布された官報(EU)2015/863において、新たにフタル酸エステル4物質が追加されました。
当社では欧州へ輸出されるお客さまのご要求に応えるため、取り扱い製品のRoHS2規制10物質の不使用(不含有)調査をおこないました。
その結果、WEBカタログの掲載製品に欧州RoHS指令の制限物質が許容値以下(適用除外項目に該当する場合はその許容値以下)である製品を「欧州RoHS10物質不含有(不使用)製品」とし、RoHS2マークを表示しました。

※欧州RoHS指令ではCEマーキングに関する規定が追加されていますが、自己宣言をおこなっている一部の製品を除き、CEマーキングの表示は行っていません。
page top